Food Seventh Division
Saki Itou

06

食品福岡支店 食品七課伊東 紗季

Data,
入社年度:2012
卒業学部:商学部

たくさんの人に恵まれた職場で、ご縁を大切に、
役立つ自分でありたいと思います。

問屋って、どんなことをするのだろう?
素朴な疑問がきっかけでした。

入社の動機やきっかけは?

それまでの学生時代のアルバイトでも触れたことのなかった問屋という業態に、どんなことをするのだろう、と興味を覚えました。その後、卸という仕事について調べたり、ヤマエ久野の会社説明会等に参加したりしました。メーカー様と得意先様をつなぐ、人や商品をつないでいるという仕事に関心を持ちました。

営業活動を支える、サポートいう名の、縁の下の力持ち。

今の仕事内容について教えてください。

食品部の中でも、豆腐や麺、ヨーグルト、牛乳など日配商品の営業支援をしています。普段は事務所で商品の登録や伝票の処理、営業に必要な資料作成やデータの分析、見積もりの作成などをしております。時には営業担当に同行して、得意先の棚割りや、展示会の手伝いもしております。メーカー様や得意先様とのやりとりも業務の一つです。福岡のみならず、大分や熊本の営業もサポートしております。

同じ目標を共有する、素晴らしさ。
人に恵まれた、職場です。

やりがいを感じることはありますか?

営業支援という職務上、私自身の売り上げはありませんが、営業担当と共に活動することで売り上げが伸びたり、新規の取引や商品が決まったりした時に喜びを感じます。特に、売り場の商品に私の手書きのポップを添えた時など、商品が売れると嬉しさも倍増します。営業のサポートですが、常に営業担当から励ましの言葉や感謝の言葉などのフィードバックがあるので、モチベーションもあがります。また、新規のお客様とのお取引がスタートをするときなどは、いつも以上に課内全体で協力し合うので、達成感もひとしおです。
入社して一番実感するのは、人に恵まれたことです。みんな優しく、仕事も一生懸命。やるときはやる、というメリハリのある職場です。困っている人がいると助け合い、お互いが同じ目標を共有しながら仕事をする素晴らしさを、日々感じています。取り扱いアイテムは日配全体で年間約20,000にも及び、とにかくいろんな商品を扱いますので、商品知識も増えました。

どうしたらもっと人の役に立てるか。
自分の頭で考える、創造的な仕事。

ズバリ、ヤマエ久野の魅力とは?

卸という仕事は、ふだんのくらしの中では見えづらい存在ですが、実際は得意先様とメーカー様をつなげており、さまざまな人や商品のつながりをつくっているところが魅力です。おかげで私もこの仕事について、たくさんの人と出会いがあり、そうしたつながりを大切にしなければと思うようになりました。社内は和気あいあいとして、明るい職場です。さまざまな部署があり、また多彩な商品を取り扱っていますので、自分の世界が広がる楽しさを覚えます。

今後の目標について、聞かせてください。

ただ言われたことをするのではなく、自分で考え、こうしたらもっと役に立つのではないか、という意識でチャレンジしていきたいです。常に新しいことをさせてくれる雰囲気が社内にはあります。

Message

一つの会社に入るというのは、縁だと思います。
縁あって入社するのですから、その会社のことしっかりと調べたうえで選んでほしい。そして、そのご縁を大切にしてほしいと思います。

リクナビより順次エントリー受付中!

エントリー