ヤマエ久野株式会社  
ヤマエ久野とは 卸売業とは 卸売業の役割とは ヤマエ久野とはTOP
必要なものを必要な時に 卸売業は大きな倉庫 スムーズな商品お届けとエコロジー 情報屋さん お店の相談役
ヤマエ久野とはTOP > 卸売業の役割とは > 必要なものを必要な時に
卸売業の役割とは…1.必要なものを必要な時に(需給調整機能)
どんな機能?

卸売業はお店の必要な商品を必要な量だけ配送します。
メーカーは卸売業からの大量の注文を受けて、商品を生産します。

お店は必要な商品を必要なだけ欲しいと思います。
いっぱい商品があってもお店に置けないから
お店に置いておいたら、商品が古くなってしまうから
メーカーは毎日、安定的に注文が来て欲しいと思います。
日によって注文の数が大きく違うと安定的に作れないから
いろんなお店から注文が来たら、大変だから

お店の必要な量(需要)とメーカーの生産できる量(供給)の調整を行なうことが卸売業の役割となります。

これを需給調整機能と言い、お店とメーカーの双方が効率的に販売、製造活動ができるようにする機能なのです。

もし、この需給調整機能がなければ、お店では商品が余ったり、逆に足りなくなったりします。
メーカーでは、安定的に商品を製造できず、商品価格が上がることとなります。

需要と供給の関係
卸売業に注文をするお店
メーカー


ヤマエ久野では?

ヤマエ久野は様々な商品をお取扱しております。 その中に食品と住宅という二本の大きな柱があります。

「食品」とは、皆さんの日々の生活の場面で欠かせないスーパーマーケットやコンビニエンスストア。
様々な商品が揃う百貨店、専門店。
外食をする時のファミリーレストラン、居酒屋など。
様々な場面で皆様が「食」と接する場面に私たちはいます。

「住宅」とは、リフォームからマンション建設まで、様々な場面で必要な材料を調達することができます。

また、食住以外にも、衣料、ペット用品、通信機器、保険などの商品も取扱っております。

これらの幅広い取扱商品群が、多くのお客様に要求にお応えすることができます。


商品陳列写真


(C) 2005 YAMAE HISANO Co., Ltd.